欠けにくい

手彫りはんこを購入はんこを落としてしまったことで、文字が彫ってある部分が欠けてしまうという経験をした人もいるでしょう。実は手彫りのはんこにすることで、万が一落としたりしたときでも、文字が彫ってある部分が欠けにくいというメリットがあるのです。もちろん絶対に欠けないというわけではないので、普段から丁寧に使うことが重要になります。また、機械の設定ミスなどで、特に衝撃を加えたわけではないのに欠けてしまうこともあるのです。

このようなトラブルを防ぐことができるのが手彫りのよさなのですが、文字の部分が欠けてしまう確率というのは、苗字によって異なります。画数が少ない苗字であれば、文字を太くすることが可能になっているので、その分欠けてしまうリスクは少なくなるでしょう。しかし、文字数が多い苗字の場合には、どうしても細くなってしまう部分が出てしまうのです。

そうすると欠けてしまうリスクが高まりますし、会社で使用する印相体のはんこなども、どうしても細い部分が出てしまうでしょう。特に枠があるようなはんこの場合には、枠の部分も細くなってしまうので欠けてしまいやすいのです。手彫りの場合には、土手の部分をしっかりと残すことができるので、機械加工とは違って欠けにくくなっているのです。

仕上がりが美しい

機械で彫ったはんこに比べて、手彫りで作業をしたはんこの場合には、仕上がりが美しくなるのです。これが手彫りのよさだと言えるでしょう。個人用として認印に使用するだけであれば、見た目は特に気にしないという人も多いでしょう。しかし銀行印や実印に使用する場合には、やはり見た目を気にするという人もいるのです。また、はんこは個人用だけ存在しているわけではありません。

法人用の物も存在しているので、会社で美しい手彫りのはんこを使用することで、それを見た取引先の人が好印象を抱いてくれる可能性もあるでしょう。やはりはんこがとてもきれいであれば、丁寧でよい仕事をしてくれる会社なのではないかと思う人もいるのです。よって法人用として使用する場合などは、特に手彫りのはんこは人気になっていると言えるでしょう。

機械というのは、1つの作業をすることに関しては人間よりも遥かに優れています。しかし、臨機応変に対応する能力というのは、機械には存在していません。しかも機械では限界が存在しているので、どうしてもはんこの表面に僅かなザラザラ感が残ってしまうのです。中にはうまくはんこが押せないと感じる人もいるでしょうが、このザラザラ感が理由です。しかし、手彫りであればきれいに押すことができるでしょう。

手彫りのはんこがよい

自分が使用するためにはんこを購入することもあれば、子供の成人祝いなどにプレゼントするために購入することもあるでしょう。個人用や法人用などいろいろな種類があるはんこですが、中には手彫りがよいと考えている人もいるのです。なぜ料金の高い手彫りのはんこを希望する人が多いのでしょうか。それはメリットがたくさんあるからです。
代表的なメリットと言えば、偽造されにくいという点でしょう
。日本の職人は世界一高い技術を持っています。

しかし、このような世界一の技術を誇る日本の職人であっても、全く同じ寸法のはんこを手彫りで作成することは不可能なのです。日本には同姓同名の人がいることも珍しくはありません。通常はんこは苗字を掘るのが一般的なのですが、佐藤や斎藤、鈴木や山田など、学生時代に必ずクラスに1人はいるような名前の場合、数万人規模で日本全国に同じ名字の人がいるのです。もちろん名前でも同じようなことが言えるのですが、機械彫りでは全く同じように彫られてしまいます。

そのため、同じ名字の人は全く同じはんこを手にする可能性があると言えるでしょう。その反面、手彫りであれば同姓同名の人が同じ店の職人に依頼をしたとしても、全く同じになるというわけではありません。もちろん見た目にはわからないでしょうが、しっかりと調べればわかってしまうのです。当サイトでは手彫りのはんこのメリットや、人気の理由についていろいろと紹介しているので、よろしければ参考にしてみてください。